バーチャルオフィス会社のオプションサービスについて詳しく解説

バーチャルオフィス会社のオプションサービスについて詳しく解説

バーチャルオフィスの基本的なサービスと選び方

パソコンとノートを持つサラリーマン

バーチャルオフィスの主なサービスには郵便転送や電話転送、住所の利用、そして法人登記などが挙げられます。これらのサービスはバーチャルオフィスを提供する業者のほとんどで利用できますが、細かな点で若干の違いがあるので事前に確認しておくことをおすすめしておきます。
たとえば郵便転送ですが、月に1、2回のところもあれば週に1回、あるいはそれ以上の転送をしてくれる業者まであります。さらに月何回までなら無料、何回以上は有料など、料金についても異なりますので、サービス内容をしっかり理解してから安心して利用しましょう。
またこうした基本的なサービスの他にオプションで経理代行や秘書代行、さらには経営指導などを行ってくれる業者もありますので必要に応じて利用してみてはいかがでしょうか。
最後にバーチャルオフィスの選び方ですが、最初にどのぐらいの費用がかかるのかを計算してみましょう。入会金が安かったり無料だが月額料金が割高、その逆に入会金は若干高めだが、月額料金が安く長期で利用しやすいなど、業者によって違いがあります。入会金の安さだけに飛びつくのではなく、利用する期間やサービス内容を念頭に置きながらベストな業者を見つけてください。

新時代の働き方で注目されるバーチャルオフィス

バーチャルオフィスは私たち現代人の働き方をより便利により豊かにしてくれるサービスです。これからの時代バーチャルオフィスを利用する企業や個人事業主も益々増えていくことでしょう。その利点は、実在するオフィスを構えなくていいことから初期投資に費用がかからない点がまず挙げられます。これは当然のことで、借りるのはバーチャルオフィスとして設定されているオフィスの住所です。そのため、オフィスの賃料は元より、設備の投資費用も一切不要なのです。
仕事自体は、快適な自宅で行うことになるため、業務はスムーズに行えるようになっています。
バーチャル費用を利用するのにかかる費用は入会金や月額料、その他諸々のオプション含めて1万円台から2万円台が一般的な価格です。もちろん利用する住所やオプション内容によって多少前後はします。しかしそれでもオフィスを起業するのに比べれば格段の安さです。詳しい料金体系はバーチャルオフィス業者のホームページでチェックしてください。その際には1ヶ月無料体験ができる業者もあるので、こういったサービスを上手に利用すると良いでしょう。最後になりましたが、バーチャルオフィスは言わば新時代の働き方と言えるのではないでしょうか。

バーチャルオフィスのいろいろな活用例

新しいオフィスの形態として広まりつつあるバーチャルオフィスは現在、社員の健康に頭を悩ませている経営者様や今後起業や独立を考えておられる方にぴったりのサービスです。
その最大のメリットはオフィスの立ち上げや維持にかかる部分のお金を削減できるため、より高い利益を生み出せる点にあります。起業を考えるうえで最もコストのかかるのが初期投資費用ですが、そこを抑えることによって、合理的かつスピーディーに安定する業務を行っていけるかと思います。
また最近では、ネットビジネスや副業をされている方の利用者も増えています。いずれにしてもバーチャルオフィスを利用することによって、コストを最大限に削減できると言えるのではないでしょうか。
そして、まだまだ他にもバーチャルオフィスには様々な利用、活用法があります。たとえば会社経営をされている方が拠点を広げるための支店や営業所として利用したり、地方の会社が、都市部進出への足掛かりとして、バーチャルオフィスを利用するなどです。ただし自宅のみで仕事をされている方がバーチャルオフィスの住所を借りる場合、金融機関との連携が難しくなることもあるので事前確認を忘れないようにしましょう。

Choice Contents

打ち合わせをする

便利なサービスが利用できるバーチャルオフィスを利用してみよう

通常、起業するとなるとオフィスがないと起業することはできませんが、起業するときに必要なものさえ揃えば、オフィスが無くても起業することは可能です。 オフィスを構えなくても起業が叶うバ…

MORE